調査・研究開発コンサルティング

次世代のネットワークプロトコルや
無線システムの研究開発における
調査や設計,プロトタイプやシミュレータの
開発等をトータルにサポートいたします。

ネットワークプロトコル研究やシステム試作の際、
シミュレータを使った検討から
研究試作・実際の機器への組み込み
・動作検証のフェーズまで、
通信分野の専門知識とデバイス,
OS関連のコア技術によりトータルにご支援します。
電波・電磁界の問題に対する研究・試作におきましても、様々な事象や周波数、電波環境に対して、
お客様が抱える課題に応じたシステム構築、モデル化、評価、レポート作成などをご支援します。

事例・実績

  • 主な実績(開発)
    広域電波伝搬シミュレータ
    ローカル5Gや無線LANな3Dレイトレースで計算するには計算範囲が広すぎたり送受信点が多いなど、今まで計算時間がネックで諦めていたシミュレーションを実現しました。どの無線通信の品質を改善したい
  • 主な実績(公的プロジェクト)
    内閣府 戦略的イノベーション
    創造プログラム
    準天頂衛星「みちびき」が提供する安否確認サービスと、スマホによるアドホック通信技術「スマホdeリレー®」を連携し、キャリア網が途絶した状況下でもスマホで入力した安否情報・避難所情報をみちびき管制局に集め、災害対策本部における情報把握に役立てるシステムを開発しました。
  • 発表・論文
    トンネル内のWi-Fi伝搬特性
    カーブや起伏のある地下鉄トンネル内の2.4GHz帯の電波(Wi-Fi)の伝搬特性について実測と解析を比較し、減衰定数を評価しました。

構造計画研究所を選ぶ理由

構造計画研究所では以下のような活動を通して、技術の研鑽とお客様への提供価値の向上に努めています。
チャレンジングな課題に対しても常にお客様の立場に立ち、お客様と共に考え、経験と技術力に裏打ちされた解決策を提案いたします。

  • 共同研究や自主研究の実績

  • ITU-R等の国際会議への参加、学会・委員会活動

  • 国プロや公的研究機関、民間企業のお客様からの研究開発受託

  • 自社開発シミュレータをはじめとしたベース技術と開発専属チームによるスピーディーな開発体制の構築

主な実績(開発)

  • 日本テレビ放送網様

    無線回線設計ツール 共同開発

  • 郵政省様(当時)

    第3世代携帯電話干渉検討用電波伝搬解析ツール 開発

  • 通信キャリア様

    携帯電話用置局設計ツール 開発

  • 研究機関様

    電離層電波伝搬解析ツール 開発

  • 郵政省様(当時)

    地デジ・チャネルプランニング用電波伝搬解析ツール 開発

  • 研究機関様

    海上通信システム 開発及び検討

主な実績
(公的プロジェクト)

2020s
  1. 2020年度~総務省 様 仮想空間における電波模擬システム技術の高度化に向けた研究開発
  2. 2018年度~総務省 様 第5世代移動通信システムのさらなる高度化に向けた研究開発
  3. 2016~2020年度国立研究開発法人情報通信研究機構 様 研究委託Web 媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発
2010s
  1. 2016年度経産省 様 戦略的イノベーション創造プログラム(衛星測位活用に向けた基礎評価に関する調査)
  2. 2016年度四国総合通信局 様 海上通信システムの新たな利用における周波数共用のための技術的条件の調査検討
  3. 2015年度X帯無線航行レーダー帯域における気象レーダーの利用に関する調査検討
  4. 2014年度総務省 様 携帯電話のエリア整備に関する現状調査及びデータベース化の請負
  5. 2013年度総務省 様 マイクロ波固定通信回線の高効率化に関する技術的条件の検討
  6. 2010年度~総務省様 国際標準化活動連絡調整事務
  7. 2009年度~2010年度総務省様 地域WiMAX高密度利用に関わる調査検討

発表・論文

"FDTD法と畳み込みニューラルネットワークによるアレイアンテナのパラメータ予測", ファン・ヴェイク ピーター, 松本昇紘, 吉敷由起子, 淺沼雅行 (構造計画研) , 2020年 IEICEソサイエティ大会

"FDTD法と機械学習によるアレイアンテナのパラメータ予測", ファン・ヴェイク ピーター, 松本昇紘, 岩﨑慧, 吉敷由起子, 淺沼雅行 (構造計画研) , 2019年 IEICEソサイエティ大会

主な参加学会
(個人会員を含む)、団体

  • 電子情報通信学会

  • 情報処理学会

  • IEEE

  • 第5 世代モバイル推進
    フォーラム(5GMF)

  • Flexible Factory Project
    (FFPJ)

シミュレータ・プロトタイプ
開発の流れ

1.お困りになったら

研究試作、シミュレータ開発のご相談は弊社へご一報下さい。
専門の担当者が対応します。

2.ヒアリング

解決すべき問題、条件、どのようなシミュレータ(input、output、性能)を想定されているかヒアリングさせていただきます。弊社の電磁伝搬解析エンジンやネットワークシミュレータ、電磁界解析ソフトなどの利用も含めて提案させていただきます。
この時点では具体的なシステムイメージがなくても構いません。モヤモヤした問題事象を具現化すること、論文の手法を組み込むこと等もご相談に応じます。

3.お見積もり

ご依頼の内容から、各項目による費用の概算見積りをいたします。簡単な画面イメージや出力項目など提案させていただき、お客様のイメージを共有できているか確認します。

4.詳細ヒアリング

研究試作・シミュレータ開発に必要な入力データや計算条件、出力例を、これまで多くのシミュレータ開発を行った弊社技術者よりお客様にヒアリング・ご提案を行い、開発するシステム、シミュレータの仕様を仕様書にまとめていきます。

5.開発

弊社では開発技術者を含めたプロジェクトチームを構成し、合意いただいた仕様書を元に開発を進めます。
開発の際に生じた問題点、改善点などはその都度、連絡相談により解決していきます。
開発した試作システムやシミュレータの検証やテストを行います。

6.納品

ご希望により中間納品やプロトタイプ版の提供を行います。お客様は事前に評価、画面イメージをつかむことが可能です。シミュレータや試作システム、各種仕様書、テスト報告書等をご報告・納品させていただきます。

CONTACTお問い合わせ

一般的なシステム開発に加え、物理層からアプリケーション層まで通信システム全般について
お困りの際はぜひ一度私たちにお問い合わせください。