電波伝搬解析ツール
Wireless InSite

高速・高精度かつグラフィカルな
電波伝搬解析ツール

Wireless InSiteは、屋外や屋内の3次元モデルにおいて、 高速高精度かつグラフィカルな電波伝搬シミュレーションを提供する解析ツールです。 電波のカバーエリアや伝搬特性等の評価を行えます。
レイトレース法により建物や地形などを考慮した電波伝搬をシミュレーションできます。また、秦式などの推定式や独自アルゴリズムである高速レイトレース法など、用途によって伝搬モデルを使い分けることができます。
レイトレース法とは、幾何光学的理論に基づき送信点から受信点へ到達する電波を伝搬距離だけではなく建物や地形も考慮して追跡する手法であり、電波伝搬解析にも広く使われています。

屋外伝搬

屋内伝搬

お知らせ

特徴

高度な可視化機能

カラーマップ、グラフ、テキスト形式など豊富な出力が可能です。

豊富な伝搬モデル機能

レイトレースや推定式などの複数の伝搬モデルが使用できます。

GPUによる高速計算機能

GPUによる高速な3次元レイトレース計算(X3D)ができます。
CPU単独の従来レイトレースと比較して約15倍高速に計算できます。

解析事例

5G固定無線アクセス(5G FWA)の電波伝搬評価

郊外の住宅街における5G FWAの基地局・CPE間の電波伝搬評価を行いました。
詳しくはこちら

都市部でのMassive MIMOを用いたビームフォーミングの検討

都市部のスモールセルにおけるMassive MIMOを用いたビームフォーミングを電波伝搬シミュレーションにより評価しました。
詳しくはこちら

屋内環境における散乱を考慮したミリ波無線通信の伝搬評価

屋内環境におけるミリ波周波数帯を用いた散乱の影響を考慮したレイトレース法による電波伝搬シミュレーションを実施し、実測値との比較を行いました。
詳しくはこちら

住宅内のWi-Fiのスループット性能評価

住宅内のWi-Fiルーター(802.11ac)のスループットをシミュレーションにより計算し、Wi-Fiの性能を評価しました。
詳しくはこちら

その他

その他、IoTやLPWA、工場無線、鉄道無線などの事例もございます。
詳しくはこちら

お客様事例

ワイヤレス通信を高品質で届けるために。Wireless InSiteによる電波の見える化。

どの通信方式にも対応できるWireless InSiteは、新規サービスを提供し続ける弊社にぴったりのシミュレーションソフトです。
NTTコミュニケーションズ株式会社 先端IPアーキテクチャセンタ
東 賢二氏、水鳥 康夫氏、梅地 俊成氏、渡邉 正俊氏(写真左から)
詳しくはこちら

製品資料

製品資料をご希望の際は下記のフォームよりお申し込みください。


体験版・セミナー動画

体験版

1か月の無料体験版を用意しています。
以下からお申し込みください。

セミナー動画

セミナー動画のアーカイブを無料で
公開しています。

製品情報

動作環境

OS
● Windows 7/8/10, 64bit (Windows 10 64 bit 推奨)
● Red Hat Enterprise Linux 6, 64-bit (利用制限あり、お問合せ下さい)
CPU
Xeon, core i7 3.5GHz 以上推奨
RAM
8GB以上(16GB 以上推奨)
空きディスク容量
500GB以上(1TB 以上推奨)
GPU
NVIDIA compute capability 3.0-6.1対応
解像度
1024×768以上(1280×1024以上推奨)
Graphics card with OpenGL acceleration

 

製品構成

コマーシャル
Perpetual(永年利用) / Annual(1年間利用)
● Wireless InSite Standard
● Wireless InSite Pro
● Wireless InSite MIMO
アカデミック
Perpetual(永年利用)
● Wireless InSite Pro
● Wireless InSite MIMO

*Wireless InSite Standardは、64プロセッサまで動作可能です。GPU 1Tokenを含んでおります。
*所定数以上のプロセッサ数での動作をご希望の際には、別途お問い合わせください。
*Editionによる機能は、次のようになっています。 WI:Wireless InSite

   ● WI Standard
     X3D / Urban Canyon(2D) / Vertical Plane(2D) / Full-3D / Free Space
   ● WI Pro
     WI Standard + VPUP/ Triple-Path Geodesic / Hata / COST-Hata / Walfisch-Ikegami / OPAR / VPUP /
     APG(Adjustment Path Generation) / Diffuse Scattering / API機能
   ● WI MIMO
     WI Pro + MIMO機能

 

入力可能なファイル形式

建物
DXF, SHAPE*1, STL, Solid model, KMZ, COLLADA
地形
国土地理院10mメッシュ*2, DTED, DEM, DSMW, ARC/INFO ASCII GRID, KMZ, COLLADA, TIFF, BigTIFF, GeoTIFF
屋内
DXF, KMZ, COLLADA
画像
TIFF, GeoTIFF, JPEG
アンテナ形状
MSI Planet, UAN*3, GAIN3d*4

(*1) SHAPE : ESRI Shapefile
(*2) 変換ツールが必要
(*3) UAN : Wireless InSite/XGtd/XFdtdフォーマット (.UAN)
(*4) GAIN3d : XGtd farzone gain pattern (.gain3d)

 

データ提供サイト(参考)

建物
● 株式会社ゼンリン[Zmap-TOWNII , Zmap-AREAⅡ]*1
● 株式会社NTTデータ [ AW3D ]
地形
● 国土地理院の数値地図(標高)(10mメッシュ) *1
● USGS[DTED]/[DEM]
植生
● USGS[GLCC]

(*1) 変換ツールが必要

 

ライセンス形態

以下の2種類をご用意しております。

  ● サーバー/クライアント(フローティング)タイプ

   ・各クライアントの実行時に、サーバーにアクセス(ライセンスチェックアウト)します。
   ・同時起動可能なクライアント数は、ご購入ライセンス数と同じです。
   ・ライセンスサーバー上でプログラムを常駐させる必要があります。

  ● スタンドアロン(ノードロック)タイプ

   ・1台のマシンで起動します。(予め申請したマシンで固定して利用します。)

 

リリース情報

Wireless InSite v3.3.5の新機能

● Shapefileインポート機能の改修

Wireless InSite v3.3.4の新機能

● レイトレース計算の前処理の高速化
● ビームフォーミング機能

レイトレース計算の前処理の高速化

伝搬モデルにX3Dを使用する場合、レイトレース計算の前処理であるジオメトリ構築処理を高速化します。
また、同じジオメトリを用いて複数回の計算を実行する場合、ジオメトリがキャッシュされるため、2回目以降の前処理時間を大幅に短縮できます。

ビームフォーミング機能

ビームフォーミングを考慮した計算が可能となりました。
以下のプリコーディングを考慮することができます。
● 最大比送信(MRT:Maximum Ratio Transmission)
● ユーザ定義のプリコーディングテーブル
本機能を用いた解析事例


MassiveMIMOビームフォーミングによるスループットの変化
(左図:ビームフォーミングなし、右図:ビームフォーミングあり)

Wireless InSite v3.2の新機能

● Diffuse Scattering(散乱)機能
● Wi-Fi性能評価機能

Diffuse Scattering(散乱)機能

散乱波を考慮したパラメータ入力・計算が可能となりました。
材質に以下の散乱モデルを考慮することができます。

● Lambertian : 散乱波は材質の垂直方向に放射されます。
● Directive : 散乱波は正規反射方向に放射されます。
● Directive with backscatter : 散乱波は正規反射方向とその反対方向に放射されます。

<参考文献>

Degli-Esposti, V., et. al., "Measurement and Modeling of Scattering from Buildings", IEEE Transactions on Antennas and Propagation, Vol. 55, No. 1, January 2007, pp. 143-153.
Degli-Esposti, V., "A Diffuse Scattering Model for Urban Propagation Prediction", IEEE Transactions on Antennas and Propagation, Vol. 49, No. 7, July 2001, pp. 1111-1113.

Wi-Fi性能評価機能

Wi-Fi(802.11ac, 802.11n)で利用される変調やMCS(Modulation and Coding Scheme)を考慮し、下記の結果を出力します。
本機能を用いた解析事例
● Bit Error Rate(BER)
● Throughput
● Capacity

Wireless InSite v3.0の新機能

● MassiveMIMO解析機能

MassiveMIMO解析機能

● 多数の素子の配置が簡単
素子数、間隔、回転のみの指定で多数の素子を配置できます。電磁界解析ソフトXFdtdの結果を使用することができます。

● 結果評価機能が豊富
送受信の組み合わせが自由に選択できます。Hマトリックス、到来角度などの出力が可能です。
また、csvファイルのエクスポートやグラフ表示も可能です。

● 高速計算
Remcom独自の技術によって高速化を実現しました。
計算時間が4x4素子では1x1素子の1.3倍、64x4素子では1x1素子の4倍となり、10倍~60倍もの高速化ができました。

● ミリ波材質情報を追加
国際標準化ITU-Rを参考にした材質を追加しました。

よくあるご質問

全般について

体験版(トライアル版)はありますか?

1か月の体験版を用意しております。 お問い合わせフォームよりお気軽にお申し込みください。

日本語のメニューはありますか?

英語版のみのご提供となっていますが、日本語の簡単な操作資料があります。

計算について

曲面に対応していますか?

曲面には対応していません。曲面は多面体に近似したモデルを作成して、計算してください。

受信電力の合成で位相は考慮していますか?

考慮しています。

Wireless InSiteはBatch処理等による計算は可能ですか?

コマンドラインより実行することが可能です。 あらかじめ、GUIで作成した計算条件があれば、バッチファイルなどで、連続実行することが可能です。

その他

担当者が変わりますが、連絡が必要ですか?

お手数ですが弊社サポート用メールアドレスまでご連絡ください。登録されたご担当者様宛にはバージョンアップなどの情報をご連絡させて頂いています。

関連情報

CONTACTお問い合わせ

一般的なシステム開発に加え、物理層からアプリケーション層まで通信システム全般について
お困りの際はぜひ一度私たちにお問い合わせください。