三次元電磁界シミュレータ
XFdtd

XFdtd

FTDT法による高機能シミュレータ
あらゆる電磁界を高速に可視化

お知らせ

【2021/06/09~30】ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2021 に出展しました。
【2020/10/30】 セミナー動画 を公開しました。

アンテナパターン

あらゆる電磁界を高速に可視化することで開発期間を短縮し、製品の早期リリースを可能にします。

XFdtdは、5Gやミリ波レーダーといった技術基盤を支えるアンテナ設計から、各アプリケーションの実環境モデルを用いた大規模な電波環境評価まで、あらゆる電磁界をGPUを使用して高速に計算・可視化します。

世界初の商用FDTD法ソルバー
~世界中で使われ続ける信頼と実績~

XFdtdは、FDTD法を使用した世界初の商用ソルバーとして1994年にリリースされて以来、世界の電磁界解析に関わる研究者、技術者に提供され続けています。進化し続ける計算アルゴリズムに加え、研究者が要求する精度・速度・安定性に対応できる豊富な機能と柔軟なカスタマイズ性により、その歴史と実績に支えられた信頼は、多くのユーザに支持されています。

適用分野の例

アンテナ設計

アンテナ設計

メタマテリアル

メタマテリアル

自動車用レーダー

自動車用レーダー

モバイル

モバイルデバイス

アンテナの配置

アンテナ配置

5g向けMIMO およびアレイ設計

5g向けMIMO、アレイ設計

顧客事例

妊婦と胎児の安全を守る電磁界解析シミュレーションXFdtd

手元にあるパソコンで計算結果がすぐに得られる快適さは、何物にも代えがたい利点です。

千葉大学 フロンティアメディカル工学研究開発センター

准教授 博士(工学

齊藤 一幸氏

千葉大学大学院理学研究科 ハドロン宇宙国際研究センター

解析コンサルティングおよび電磁界解析ソフト「XFdtd」活用事例

南極でニュートリノを捕らえる国際プロジェクトに参画。KKEのサポートにより設計したアンテナで、世界初の観測を目指します。

千葉大学大学院理学研究科
ハドロン宇宙国際研究センター 
粒子線研究室 間瀬圭一 助教

3次元電磁界解析ソフトウェア「XFdtd」導入事例

筐体に覆われたアンテナで、電波はどこまで飛ぶか?XFdtdによるシミュレーションでそれが視覚化でき、勘便りだった製品開発から解放されました。

株式会社サーキットデザイン

技術部 エンジニア 第1級陸上無線技術士 大澤悠氏
総務部 栁澤良樹氏

小暮技術士事務所 技術士/工学博士 小暮裕明氏

豊富な機能

作業の効率化

精度・高速化

作業時間の効率化

解析事例

アンテナ

EMC

マイクロ波デバイス

落雷

MRI

XACTによる複雑な曲線・曲面の精度

FSS

NIM

フォトニクス

動作環境

*最新の環境は、開発元(リンク先: Remcom社)をご確認ください。

*下記以外のスペックに関してはお問い合わせ下さい。

OS •Microsoft Windows 7, Windows 8, and Windows 10, 64- bit
•Red Hat Enterprise Linux 7, 64-bit (and compatible systems)
RAM 8GB(32GB以上推奨)
空きディスク容量 250GB(2TB以上推奨)※解析結果データの保存領域を考慮
GPU NVIDIA CUDA capable GPU card with compute capability 2.0 or higher

関連資料

論文・発表

弊社技術者による対外発表や論文

セミナー動画

弊社技術者によるセミナーの動画を配信しています。

製品パンフレット

以下より製品パンフレットをダウンロード頂けます、

関連ワード

FDTD法、携帯電話、WiFi/WiMAX、RFID/UWB、センサネットワーク、MIMO、各種アンテナ、RF/マイクロ波回路、電子機器のEMC/EMI、生体EMC、医療科学分野/MRI、レーダ錯乱、電波吸収体、マイクロ波加熱、光学分野、非破壊検査、地中探査、高周波、食品、電子レンジ、加熱ムラ、過加熱

CONTACTお問い合わせ

一般的なシステム開発に加え、物理層からアプリケーション層まで通信システム全般について
お困りの際はぜひ一度私たちにお問い合わせください。