対外発表・論文一覧

2021

  • 江森洋都, 坂木啓司, 吉敷由起子, “NSAローカル5Gを構成するBWAカバーエリアにおける免許申請シミュレーションと実測の比較検討,” 2021 信学ソ大, “BS-1-6”, Sep., 2021.
  • 坂木啓司, 中村敏明, 藤井誠, 佐々木 聖志, 吉敷 由起子, “ローカル5G免許申請時の見通し判定による電波伝搬計算の影響評価,” 2021 信学ソ大, “BS-1-6”, Sep., 2021.
  • 高田潤一, Nopphon Keerativoranan, 林高弘, 金ミンソク, 吉敷由起子, 岡村航, 齋藤健太郎, 今井哲朗, 廣瀬幸, 沢田浩和, 松村武, “サイバーフィジカル融合によるワイヤレスエミュレータのための電波伝搬モデル信学技報,” vol. 121, no. 145, SRW2021-23, pp. 21-26, 2021年8月.
  • 白川正之, 古川玲, 吉敷由起子, 沢田浩和, 松村武, 児島史秀, “CPS エミュレータにおけるレイトレーシング計算による動的遮蔽物を含む工場内電波伝搬シミュレーションのパス数削減による高速化手法の検討,” 信学技報, vol. 121, no. 145, SRW2021-25, pp. 33-38, 2021年8月.
  • 岩﨑慧, 呉聖屹, 吉敷由起子, 廣瀬幸, 今井哲朗, “橋梁下におけるドローン間通信の伝搬損失推定に関する一検討,” 信学技報, vol. 121, no. 126, AP2021-30, pp. 37-42, 2021年7月.
  • 白川正之, チン ギルバート, 古川玲, 吉敷由起子, 沢田浩和, 松村武, 児島史秀, “動的な遮蔽物を含む工場モデルのレイトレース計算の高速化手法の基礎的な検討,” 2021 信学総大, B-1-12, March, 2021.
  • 岡村航, 海部太郎, 吉敷由起子, 齋藤健太郎, 高田潤一, “屋内環境における点群データを用いたレイトレース解析に適用可能な3次元平面モデル構築手法の提案および電波伝搬評価,” 2021 信学総大, B-1-113, March, 2021.
  • 呉聖屹, 岩﨑慧, チン ギルバート・シー, 吉敷由起子, 今井哲朗, 廣瀬 幸, “遺伝的アルゴリズムを用いたレイトレースパラメータの最適化システムの構築,” 2021 信学総大, B-1-4, March, 2021.
  • 岩﨑慧, 呉聖屹, ギルバート・シー チン, 吉敷由起子, “深層学習による伝搬損失推定におけるパラメータ選択方法の一検討,” 2021 信学総大,BI-1-7, March, 2021.
  • Hirokazu Yamakura, Gilbert Siy Ching, Yukiko Kishiki, Noboru Sekino, Ichiro Oshima, Tetsuro Imai, “Evaluation of Ray Tracing Simulation with Urban Microcell Environment Measurements at 5G Band”, International Symposium on Antenna and Propagation (ISAP2020), Jan. 2021.

CONTACTお問い合わせ

一般的なシステム開発に加え、物理層からアプリケーション層まで通信システム全般について
お困りの際はぜひ一度私たちにお問い合わせください。